レビトラとは一体なんぞや?

レビトラの注意点をまとめてみた

レビトラの注意点をまとめてみた

CAUTION

レビトラとグレープフルーツは危険?

レビトラとグレープフルーツを一緒に摂取するのは危険だといわれています。

その理由はレビトラの副作用を重くしてしまう可能性があるからです。

グレープフルーツに含まれているフラノクマリン酸という成分が、薬の代謝酵素の働きを阻害してしまい、身体に薬が吸収されやすくなってしまうのです。

吸収されやすくなるということは薬の効果が大きくなるのでは?と思うかもしれませんが、薬の効果と同時に副作用が重くなってしまうということになります。

グレープフルーツや果汁を使用したジュース、スムージーなどもレビトラの副作用を重くしてしまいますので一緒に摂取することは避けるようにしましょう。

前日にグレープフルーツを食べたら、翌日に服用したレビトラに影響を与えたというデータもありますので、レビトラを服用する1日前にはグレープフルーツやそのジュースを摂取しないようにしておきましょう。

レビトラは食事の影響を受ける?

レビトラは、体内酵素のPDE5型酵素の働きを阻害するバルデナフィルを有効成分として含有するEDの治療薬です。

有効成分のバルデナフィルは水に溶けやすく、効果を発揮するまでの時間が短いのが特徴です。

レビトラという薬の名前には、男性の命の火という意味合いがあります。

つまり、服用するとすぐに火が着いて卒構成があるという特徴が名前にこめられている薬です。

即効性があるその一方で、レビトラの有効成分バルデナフィルには食事の影響を受けやすいという特徴があります。

よって、レビトラを使用するにあたっては空腹時に服用することで効果が最大限に発揮されます。

ED治療を行う専門クリニックでは、レビトラの処方にあたっては食事の影響について患者さんに説明し、服用のタイミングについてアドバイスをしています。

レビトラが効かない人はいるのか?

レビトラを飲んでも効果がないというのを極少数ですが耳にする事があります。

これは体質的に効き目が出にくかったり効かないという方も確かにいますが、服用の仕方に問題がある場合が多いです。

レビトラを服用する時に気をつけないといけない事は、暴飲暴食を避ける事です。

他のED治療薬とは違い食事の影響を受けにくいとは言われていますが、食べ過ぎた後や脂っこい食事を取った後の服用は効果を半減させてしまいます。

レビトラの効果を最大限に引き出すには、あっさりした食事の後に服用するか空腹の時に服用するのが良いです。

また、過度のストレスや体調を崩している時には薬が効かないこともあるので体調を整えてから日を改めて服用しましょう。

レビトラとは一体なんぞや?

レビトラの注意点をまとめてみた