本当に効くの?精神安定剤デパス

精神安定剤・睡眠薬のデパスについて

デパスとは

うつ病、パニック障害などの精神的な病気や不眠などの睡眠障害を治療する医薬品です。

また、筋弛緩作用が強いので肩こりなどの緩和のために内科の病院で処方されることもあります。

日本では1984年に販売されています。

有効成分:エチゾラム/ 神経・精神安定剤/ 睡眠障害治療剤

使用方法

『神経症、うつ病の場合』

成人は1日3mgを3回に分けて服用

高齢者の場合は1日1.5mgとする

『心身症、頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛の場合』

成人は1日1.5mgを3回に分けて服用

高齢者の場合は1日1.5mgとする

『睡眠障害の場合』

成人は睡眠前に1~3mgを1回服用

高齢者の場合は1日1.5mgとする

副作用

デパスは医薬品なので、個人差で副作用が生じる場合があります。

現在報告されているデパスの副作用は

「眠気」「ふらつき」「脱力感」「倦怠期」「認知機能低下」

が報告されています。

副作用が重い場合は、一旦使用を中止して医師にご相談ください。

↑ PAGE TOP