レビトラとは一体なんぞや?

レビトラを服用する人はどんな人?

レビトラを服用する人はどんな人?まとめてみた

ハート型錠剤

レビトラはこんな症状の方が使用

レビトラは、勃起不全つまりEDの治療薬です。

有効成分はバルデナフィルで、医薬品としてPDE5型酵素の阻害薬にあたります。

PDE5型酵素というのは、勃起の維持に必要な血管拡張物質を壊す酵素です。

レビトラにはこの酵素の働きをブロックする働きをするバルデナフィルが配合されているので 、性行為を行うのに十分な勃起が継続しないという勃起不全・EDの症状がある方に使われます。

性的に興奮すると勃起現象が起こるけれど、血管の拡張が維持されず勃起が続かないという人のためのED・勃起不全の治療薬です。

男性が性的に興奮したり刺激を受けることで起こる血管の拡張を持続する薬なので、薬の効果が続いている間中ずっと勃起が続くわけではなく性行為を行う時に勃起を維持したいという方のための薬です。

レビトラを検索する方がよく検索している事

レビトラはオレンジ色の丸形の形状をした医薬品で、主成分は塩酸バルデナフィル水和物になります。

レビトラは勃起不全と言われているEDの症状を抑制してくれる医薬品で、日本の厚生労働省が認可を行っているので、病院に行けば処方をして貰える医薬品です。

尚、レビトラは病院で処方して貰う以外にも、個人輸入代行を行う通販薬局でも購入する事が出来るようになっています。

病院では自由診療の取り扱いになるため、レビトラの処方箋は全額実費になりますが、個人輸入代行店で販売しているレビトラは輸入された医薬品であり、国内の病院で処方して貰う時よりも値段が安いと言うメリットを持ちます。

勃起不全には幾つかの症状がありますが、性行為を不能にする事からも、値段が安い医薬品を求める人が多いのです。

レビトラを使用する年齢や性別、特徴は?

レビトラはドイツの大手の製薬メーカーが製造・販売しているED治療・勃起不全の治療薬です。

日本では日本性機能学会が原則20歳以上で本人確認ができる人への処方を推奨しています。

特に未成年に弊害があるものではないので病院によっては未成年でも既婚者であれば処方するところもあるようです。

レビトラは性的興奮作用や性欲増進作用はないので女性に媚薬のように使用しても効き目はなく男性にのみ効果があります。

性的興奮を覚え勃起するときに効果を発揮する薬です。

健全な男性であれば年齢の上限はありませんが既往症があれば医師と相談してから服用することが大切です。

レビトラは持続効果も期待できるのでED治療・勃起不全の方以外で早漏気味の方にも効果があると言われています。

レビトラとは一体なんぞや?

レビトラを服用する人はどんな人?まとめてみた