レビトラとは一体なんぞや?

レビトラって一体何?

レビトラって一体何?

ED治療薬レビトラ

レビトラの説明

レビトラはドイツのバイエル社が2003年に発売し、2004年に日本でも認可が下りました。

バイアグラよりも水に溶けやすくなっているため食事の影響を受けにくく即効性があるのがレビトラの特徴です。

効果も他のED治療薬に比べ強くなっていて、即効性も高いです。

有効成分としてバルデナフィルを含んでおり、このバルデナフィルの特徴として水に溶けやすいという性質がレビトラの即効性に繋がっています。

バイアグラやシアリスで効果を得られなかった方はこのレビトラを試してみるのもいいでしょう。

そして、レビトラの効果として勃起時に硬さが出やすくて刺激に鈍感になるため射精に至るまでの時間が長くなるという効果もあります。

またレビトラとグレープフルーツを同時に摂るのは非常に危険です。

グレープフルーツに含まれる「フラノクマリン酸」という成分が薬の効果を高めると同時に副作用も高めてしまうため危険とされています。

レビトラはもともとが十分に効果の高い薬なので、危険を冒してまでさらに効果を高める必要はないでしょう。

またレビトラにも併用不可の薬があります。

レビトラの使用方法について

性行為の1時間前に服用します。

空腹時なら20分程度で効果が現れます。

先述したように併用してはいけない薬もありますので、実際使用される前に確認してください。

また、食事の影響を受けにくいと先述しましたが、あくまで受けにくいというだけでレビトラには服用前の食事には700kclという制限があります。

食事の影響を受けないというわけではありません。

また、アルコールを飲みすぎると神経伝達が鈍るため勃起力が低下し、その場合薬の効果もでないので注意してください。

ただし、適度なアルコールの摂取であればアルコールの精神安定作用でリラックスすることができ、薬の効果を逆に引き出すこともあります。

服用後10mg5時間ほど、20mgで7~10時間ほど効果があります。

服用は1日1回、服用間隔は24時間以上空けましょう。

※効果が現れたら勝手に勃起するというものではありません。あくまで勃起のサポートをしてくれるものです。

レビトラの副作用について

バイアグラやシアリスといったED治療薬と同様に顔のほてりがあったり、目の充血や頭痛、胸の動悸、鼻づまり等という副作用が出る可能性があります。

その他、胸焼けや背部痛などの副作用が出る場合もあります。

バイアグラやシアリスに比べ薬の効果が高いぶん20gmを服用した場合、副作用も強めに出ます。

レビトラの効果が切れるころ副作用も消えるようなら気にしなくていいでしょう。

頭痛が気になる方は市販の頭痛薬を併用しても大丈夫です。

その他、気になる症状が現れた場合は医師に相談することをおすすめします。

レビトラとは一体なんぞや?

レビトラって一体何?