本当に効くの?精神安定剤デパス

デパスとうつ病について

うつ病

現在、ストレス社会の日本では「うつ病」で悩んでいる人がたくさんいます。

デパスはうつ病を治療する医薬品です。

服用をすることで、うつ病の症状を出にくくして気持ちを軽くします。

よって、普通の生活を送ることができます。

恐ろしい精神的な病気「うつ病」はどのような病気なのでしょうか。

うつ病とは

うつ病は心の病です。

人それぞれ症状の重みが違います。

ストレス社会の多い日本ではこの「うつ病」で悩んでいる人は多く存在します。

1日中気持ちが落ち込んだままで、いつまでも気分が回復せず、強い憂鬱感が続きます。

原因

うつ病の詳しい原因は人それぞれなのでハッキリと特定できません。

うつ病が起こりやすい性格というのがあって

「真面目」「几帳面」「仕事熱心」「責任感がある」「気が弱い」「人情が厚い」「相手の気持ちに敏感」

が異常に強い人はうつ病になりやすい傾向があります。

他にも、病気や怪我、社会生活の変化、経済的な負担がストレスでうつ病になる人も多くいます。

うつ病の症状(精神症状)

・憂鬱な気分
・興味が沸かない
・喜びが感じられない
・好きだったものや趣味にやる気になれない
・性欲や要求や関心が低下
・体の動きが鈍くなる
・いらいらする
・じっとできない
・集中力・思考力が低下

うつ病の症状(身体症状)

・睡眠障害
・食欲の低下・増加
・疲労
・倦怠感
・性欲の低下
・女性の場合、月経の不順
・頭痛

↑ PAGE TOP